事業再生実務家協会
ホームお問い合わせアクセスサイトマップ個人情報保護方針
協会概要 イベント 会員情報検索 事業再生ADR 入会申込み
ホーム > 事業再生ADRについて > 事業再生ADRの意義とメリット
事業再生 ADR について
事業再生ADRの意義とメリット
事業再生ADRの持つ1つの大きな意義は、「早期再建による企業価値の毀損防止」にあります。
事業再生ADR手続によって、過剰債務に悩む企業が早期に再建計画策定に着手することは、事業価値の毀損を最小限にとどめることになり、ひいては国民経済の共通財産とも言える事業基盤や地域雇用を守る等、経済全般から見て非常に重要な意義を有していると言うことができます。
このような早期再建着手を促進するため、事業再生ADRには、各種の制度的メリットが法令上、措置されています。 以下のメリットが、事業再生ADRの特徴として挙げられます。
手続の実施を公表する必要がない
商取引債権者との取引を円滑に継続できる
上場会社は上場の維持が可能
「つなぎ資金」の借り入れができる
債務免除に伴う税制上の優遇措置がある
メイン以外の金融機関との調整を促進し易い
前のページへ次のページへ
戻る
メニュー
会員専用画面
登録情報の変更や活動報告詳細等の閲覧ができます。
ログイン ID
パスワード
( オンラインで申請いただけます )
Copyright (C) 2009 Japanese Association of Turnaround Professionals. All Rights Reserved.