事業再生実務家協会
ホームお問い合わせアクセスサイトマップ個人情報保護方針
協会概要 イベント 会員情報検索 事業再生ADR 入会申込み
ホーム > 事業再生ADRについて > 再建型倒産手続上の位置付け
事業再生 ADR について
再建型倒産手続上の位置付け
事業再生ADRは、日本の再建型倒産手続上、(1)私的手続の一種であり、(2)法的に制度化された手続の1つとして位置付けられます。
「 法的に制度化された私的再建手続 」 とは、裁判所が主催する法的強制力を持った手続ではなく、当事者の合意に基づく私的手続の一種ですが、同時に、法的な制度化による公正さ・客観性を担保することで各種の制度的メリットを享受し、集団的合意を促進しようとする手続のことを指します。
事業再生ADRは、私的手続の持つ柔軟さと、法的制度化によるメリットを併せ持つ制度であると言えます。 そこで、その特徴を理解するには、)‥手続との違い、⊇秧茲併篥手続との違い、 事業再生ADR固有の特徴、をそれぞれ理解する必要があります。
前のページへ次のページへ
戻る
メニュー
会員専用画面
登録情報の変更や活動報告詳細等の閲覧ができます。
ログイン ID
パスワード
( オンラインで申請いただけます )
Copyright (C) 2009 Japanese Association of Turnaround Professionals. All Rights Reserved.