事業再生実務家協会
ホームお問い合わせアクセスサイトマップ個人情報保護方針
協会概要 イベント 会員情報検索 事業再生ADR 入会申込み
ホーム > 事業再生ADRについて > 事業再生ADRの特徴 > 法的手続との違い
事業再生 ADR について
事業再生ADRの特徴
法的手続との違い
法的手続のような拘束力がない反面、柔軟な対応が可能となります。
1. 公表が不要
2. 商取引の円滑な継続
3. 上場企業の上場維持
4. 法的手続のメリットとの比較考量
前のページへ次のページへ
戻る
メニュー
会員専用画面
登録情報の変更や活動報告詳細等の閲覧ができます。
ログイン ID
パスワード
( オンラインで申請いただけます )
Copyright (C) 2009 Japanese Association of Turnaround Professionals. All Rights Reserved.