事業再生実務家協会
ホームお問い合わせアクセスサイトマップ個人情報保護方針
協会概要 イベント 会員情報検索 事業再生ADR 入会申込み
ホーム > 事業再生ADRについて > 事業再生ADRの特徴 > 純粋な私的手続との違い
事業再生 ADR について
純粋な私的手続との違い ( 法的な制度化のメリット )
事業再生ADRは法的に制度化された手続であることから、私的手続の一種でありながら、純粋な私的手続では得られない手続上のメリットとして、‥事者にインセンティブを与えつつ、∋臆端圓剖δ未亮蠡概範を付与するという特徴があります。 手続選択の際には、これらが具体的事案においてどの程度重要かを判断する必要があります。
  事業継続に不可欠なつなぎ融資(プレDIPファイナンス)の確保
強化法53条・54条・55条により、事業再生ADR手続の開始から終了までの間、「事業の継続に欠くことができない資金の借入れ」につき、中小企業基盤整備機構の債務保証が得られ、中小企業信用保険法の特例が適用されます。
また、上記プレDIPファイナンスは事業再生ADR手続において優先弁済の対象となる(強化法58条)だけでなく、万が一法的手続に移行した場合でも裁判所が優先的扱いをするよう配慮される(強化法59条・60条)ため、 容易なつなぎ資金確保の仕組みが制度上担保されていると言えます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
前のページへ次のページへ
戻る
メニュー
会員専用画面
登録情報の変更や活動報告詳細等の閲覧ができます。
ログイン ID
パスワード
( オンラインで申請いただけます )
Copyright (C) 2009 Japanese Association of Turnaround Professionals. All Rights Reserved.