事業再生実務家協会
ホームお問い合わせアクセスサイトマップ個人情報保護方針
協会概要 イベント 会員情報検索 事業再生ADR 入会申込み
ホーム > 事業再生ADRについて > 事業再生ADRの特徴 > 純粋な私的手続との違い
事業再生 ADR について
純粋な私的手続との違い ( 法的な制度化のメリット )
  経営者保証との一体的整理
事業再生ADRは、「経営者保証に関するガイドライン」(以下、ガイドライン」という。)と併せて利用することで、債務者企業の債務整理とともに経営者に対する保証債務の整理を一体的に行うことが認められています(ガイドライン 第7項(1)ロ)。
これにより、個別ケースに応じた合理的な経営者責任の在り方を導き出し、経営者保証が事業再生の阻害要因となることを回避することにより、債務者企業の迅速かつ合理的な事業再生を図ることが可能となります。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
前のページへ次のページへ
戻る
メニュー
会員専用画面
登録情報の変更や活動報告詳細等の閲覧ができます。
ログイン ID
パスワード
( オンラインで申請いただけます )
Copyright (C) 2009 Japanese Association of Turnaround Professionals. All Rights Reserved.