事業再生実務家協会
ホームお問い合わせアクセスサイトマップ個人情報保護方針
協会概要 イベント 会員情報検索 事業再生ADR 入会申込み
ホーム > 事業再生ADRについて > 事業再生ADRの特徴 > 純粋な私的手続との違い
事業再生 ADR について
純粋な私的手続との違い ( 法的な制度化のメリット )
  私的手続のメリットの維持とデメリットの解消
事業再生ADRは、法的に制度化された手続を踏まえることで純粋な私的手続にはない各種メリットを享受し、手続参加者間での集団的合意形成を促す仕組みと言えます。
この意味で、事業再生ADRは、私的手続のメリットを維持したまま、法的制度化により私的手続のデメリットを克服した制度ということができます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
前のページへ次のページへ
戻る
メニュー
会員専用画面
登録情報の変更や活動報告詳細等の閲覧ができます。
ログイン ID
パスワード
( オンラインで申請いただけます )
Copyright (C) 2009 Japanese Association of Turnaround Professionals. All Rights Reserved.